甘酒の麹菌で便秘解消と美肌へ

私の家族は甘酒が大好きで、風を引いて体調が悪いときなど、必ず甘酒を作って飲みます。甘酒には麹菌が生きていて、便秘や美肌に良いといわれていますが、あまりなじみの無い私は、彼に作ってあげても自分ではほとんど飲まないでいました。
彼は、美容にも便秘にも効果あるし、体も温まって健康維持にも凄くいいよと、何度も繰り返し私に言うのです。
半信半疑で甘酒を飲むことにしましたが、お酒が苦手な私は、あまり美味しく感じませんでした。しかし、美容と便秘に良いと聞くとなんとか継続して飲んでみようかと考えなおしました。確かに杜氏の人の手はすべすべでとても白く美しいと聞きます。
スーパーマーケットに行き、色々な種類の美味しそうな銘柄の酒かすを購入して、初めは少し薄めにして、お砂糖もいれて甘く飲みやすくして飲むことにしました。やはり、美味しくないと継続するには無理がありますから、私なりに飲みやすくして飲んでいます。
家族は甘い甘酒は好かないので、お鍋を分けて家族用にしょうがの摩り下ろしをいれてつくりました。
それでも、毎日飲むのはきついので、一日おきに作って飲む事にしたのです。夕食時に一緒に作って、私は食事の前に飲みます。家族は食事が済んでから、ゆっくり飲んでいます。先に飲まないと夕食が食べられなくなってしまうので、先に飲んで食事の量を調整することにしました。
こんな感じで1ヶ月くらい経過して肌の調子が良いことに気付きました。他に特別なお手入れをしなくても、しっとりしているのです。
また、便秘も完全ではありませんが、少し効果があるように思えます。かなり頑固な便秘でしたが、お薬を飲まなくても3日に1回くらいはお通じが来るようになりました。これは私にとってはすばらしい前進です。今までお薬に頼らなければ、お通じが来ない日が続いてとても苦しい思いをしていたのですから。
家族も風も引かないで健康に毎日を過ごしています。彼に言わせると、甘酒のおかげだそうです。
私も、ほとんど信じていない効果でしたが、しつこくうんちくを唱える彼をたてて何とか甘酒生活が続いています。麹菌様様です。
それからというもの、麹菌を使う料理に興味が湧いてきて、麹菌で野菜を漬けてみたり、最近流行の塩麹を使った料理を研究しています。
お肌の調子もよく、これは顔だけでなく、全身の皮膚に良いようで、いつも冬は肌が乾燥してかき壊しをする夫も去年あたりから騒ぎをしなくなりました。
他のケアも同時にしていますが、いままではそれでも皮膚が乾燥してかゆいと言っていたのですから、麹菌の甘酒は効果があったのだと思っています。