納豆の菌活で体調がよくなりました

私は40歳になった時に、少し体がだるいと思うことがありました。その体がだるいというのは、少し動いただけでも疲れるといったことだったのです。そしてそのことを心配した私は、何かの病気なのかもと思って、病院を受診したこともあったのです。しかし、病院では当然のように何もなく、その後はどうすることもできず、悶々とした日々を過ごすことになっていたのでした。
そんな時、私と同じように生活をしている主人が、私と違って元気であると思っていたのです。主人は、私と同じ40歳ですが、私とは全く違って、とても元気にアクティブな生活を送ることができているのでした。それは、朝が苦手な私と違って、朝も起きるのが早いし、その後にジョギングまでしていたのでした。
私はそんな主人を見て、朝早くから動くことに、とても不思議な感じを持っていたのです。それは、私の場合は朝に運動をすることは考えられないと思っていたからでした。そのため、主人と私の違いはどこにあるのかと、じっくりと考えてみることにしたのです。
そして主人にきいて見たところ、納豆を毎日食べているからではないかという答えが返ってきました。そのことを聞いた時、主人が毎朝と夕食で食べている納豆のことを思ったのです。
私もその時、納豆が好きなので、食べたいと思っていたのですが、つい口臭を気にしてしまい、食べることができなかったのです。
しかし、そんな元気な主人を見ていると、私も毎日納豆を食べて、菌活をしたいと思うようになりました。
そしてついに、朝に食べることは無理と思ったので、夕食で食べることにしたのです。そしておやつの時には、納豆のお菓子を食べることにして、早速、納豆菌活を行うことにしました。
すると、まず体が違ってきたと思ったのは、なんといっても便秘が治ったことです。そして、体が元気になったとおもったことがあったのです。それは以前は、休みの日に、どこかに出かけることはほとんどなかったのですが、最近では必ず外出をするようになったのです。これはとても大きな変化であると思っています。
主人もそんな私の変わりようを見て、家族が元気になるのは、嬉しいと話していたので、家族にも私が元気になることは、とても大切なことであるとおもったことでした。
そのことを思って、今後も納豆で菌活を続けて行きたいと思っています。今後は、もしもできるなら、朝食でも食べて、ますます元気な自分を目指して行きたいと思っているところです。